マイナスイオンと電磁波

電磁波の危険というのはどんなものなのか?

電磁波が問題になっているのはその発熱作用です。電子レンジなどはその発熱作用を利用した便利な電気製品ですがマイクロ波を使って発熱するのが原理です。このマイクロ波は携帯電話にも使用されています。電子レンジの4分の1マイクロ波を発生させていて、一見少ないようですが耳元で使う分、体にはあまりよくないようです。人間のカは体温が41度から42度になるととても危険な状態になるのと同じように長時間耳元で使う携帯電話はそのマイクロ波によって脳内に影響を強く及ぼします。

電磁波に注意
電磁波に注意

脳内にはメラトニンを合成する器官があり、脳下垂体から成長ホルモンを分泌させます。マイクロ波はメラトニンの合成を妨げたり、脳内物質を神経細胞に伝達させる機能を持つことがわかってきました。

携帯電話を使いすぎると大脳の水分を電子レンジと同じように発熱させてしまい、大脳のタンパク質の変性や脂質分の酸化を起こしてしまいます。「酸化→病気」へと移行させてしまう原因にもなります。

電磁波の悪影響に対処するには?

これまで、パソコン・オペレーターに流産の集団発生や先天性異常児の増加、白内障、生理不順、頭痛、不眠、めまいなどが異常な確率で起きることが注視されてきました。マイナスイオンを発生させる機器を使っても影響をゼロにするのは不可能です。

しかし、電磁波の影響を少しでも少なくしたり、影響を受けてしまった体のメンテナンスのために、体の酸化や大脳の酸化を効率よく改善するマイナスイオンが現在考えられる予防策として最も効果的なのです。

得体の知れない疲労感や体調不良を感じたら「電磁波」を疑ってみることも必要かも。

電磁波のもたらす影響についての実験を紹介します。

14週齢のラット10匹を電磁波に曝すグループと曝さないグループに分け、一日に2時間被爆させ2か月間続けた結果、被爆したグループは血液の過酸化、小脳と脳幹における脂質の過酸化が被爆しないグループに比べ有意に大きくなる結果となりました。

 

脳が酸化するというのは、活力の源が元気を失ってしまうということになります。脳の過酸化が恒常的になれば、それによって得体の知れぬ疲労感や、体調不良が引き起こされるのは当然のことでしょう。

頭痛、生理痛、腰痛、自律神経失調症、不眠など原因が特定しづらい症状を抱える人が激増するのはこのような背景があるのです。

電磁波漏洩は身の回りにこれだけある

商品名 漏洩磁場強度(mG=ミリガウス) 安全距離(㎝)
ヘアドライヤ― 50~700 30
電子レンジ 200~500 200
電気シェイバー

100~500

10
エアコン 50~200 120
携帯電話 15~200 10
パソコン 30~100 70
CDラジカセ 20~100 30
コピー機 90 30
冷蔵庫 2~20 50
テレビ 20 150

脳の酸化を防いで、いつもスッキリすることが大事

世界一のマイナスイオン発生器【滝風イオンメディック】(医療用物質生成器) プラスイオンから体を守り、病気になり難い健康な体を維持しよう!
世界一のマイナスイオン発生器【滝風イオンメディック】(医療用物質生成器) プラスイオンから体を守り、病気になり難い健康な体を維持しよう!