滝風イオンメディックと生活習慣病

糖尿病・高血圧・脂肪異常症・肥満症
糖尿病・高血圧・脂肪異常症・肥満症

生活習慣病やあらゆる疾患は、呼吸によって取り入れられた酸素のうち、わずか1パーセントが活性酸素になり、体が酸性になることにより起こすという研究結果があります。この生体組織の酸化が原因で起こるいわゆる病気の代表的なものが、ガンです。ガンは、活性酸素によって遺伝子DNAが切断され、発ガン物質が発動したものです。ガン細胞は、血行が悪く、酸素が十分に行き届かない部分に発生しやすいのです。さらにガン細胞自体が乳酸を大量に吐き出して血液の酸性化を促進し、白血球などの免疫機能を酸化してその働きを弱めてしまいます。

免疫機能は、正常の細胞と同様、血液が弱アルカリで還元状態にあり、サラサラで流れがよく、免疫細胞の中にたくさんの電子を抱えた還元状態の時に、最も高いパワーを発揮します。

乳酸が多い状態では、血行が悪く、活性酸素を電子で消してしまうこともできないため、悪い細胞を退治することが出来なくなっているのです。

同じように、糖尿病や高血圧などの生活習慣病も生体膜や細胞膜が活性酸素によって損傷を受けるのが原因だと考えらえれています。日常の生命活動で生まれてくる活性酸素による酸化した体を常にマイナスイオンで弱アルカリ性にしておくことが病気にならない秘訣ともいえるわけです。

病気にならない体づくりとは体を酸性にしないことから始まります。(プラスイオンの環境から離れる生活に心がけることが大事なのです。)

活性酸素の機能と老化・疾病
活性酸素の機能と老化・疾病

 | 花粉症アトピー喘息シックハウス症候群電磁波 |生活習慣病 | 脱臭除菌インフルエンザ

マイナスイオンを補給し続けるために

世界一のマイナスイオン発生器【滝風イオンメディック】(医療用物質生成器) プラスイオンから体を守り、病気になり難い健康な体を維持しよう!
世界一のマイナスイオン発生器【滝風イオンメディック】(医療用物質生成器) プラスイオンから体を守り、病気になり難い健康な体を維持しよう!